天地真理郎(あまちまりお)の『押忍!超初心者のための国際空手道連盟「極真会館」壮年部入門』

人生において重要なことは、すべて極真空手の道場から学んだ。

極真会館道場訓

一、吾々は心身を錬磨し確固不抜の心技を極めること
※私たちが、空手を修行する目的は、自分自身の体と心を鍛えることにあり、真剣に稽古に打ち込むことで、どんなことにも動じない心と強い意志を習得していかなければならない。
一、吾々は武の神髄を極め機に発し感に敏なること
※私たちは、武道としての空手の道を追求していくことで、どんな状況でも臨機応変に対応する力と相手の心を理解する思いやりや優しさ、どんなことにも素直に感動できる心を身につけなければならない。
一、吾々は質実剛健を似て克己の精神を涵養すること
※私たちは、自分自身を飾ることなく、真面目で素直に空手の修行に打ち込むことによって、自分自身に打ち勝つ強い心を養っていくことを心がけなければならない。
一、吾々は礼節を重んじ長上を敬し粗暴の振る舞いを慎むこと
※私たちは、礼儀を身につけ、目上の人を敬い、人前で空手の力を誇示するような行動をとってはならない。
一、吾々は神仏を尊び謙譲の美徳を忘れざること
※私たちは人間の力が及ばない自然や宇宙の摂理を重んじ、神や仏を敬い、相手のことを大切にし自分を謙遜する態度を忘れてはならない。
一、吾々は智性と体力とを向上させ事に臨んで過たざること
※私たちは、空手の修行によって知性と体力を向上させ、どんな状況でも焦らず、冷静に対処できるようにならなければならない。
一、吾々は生涯の修行を空手の道に通じ極真の道を全うすること
※武道としての空手の修行は、一生かけて追い求めるものであり、一生を通じて極意に一歩でも近づこうとする姿勢、それが極真空手の本義である。

M


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【昇級審査】実技

基本、極真空手の支部の場合、すべての帯は同じ時に審査をします。
時には昇段審査を同時に実施する場合もあります。
主な実技審査は・・・

●基本審査
入念に準備運動をしてから基本審査。
これは普段の稽古をしっかりやっていれば大丈夫。
立ち方から手技、足技をいつものように繰り出します。
●移動審査
帯別に分かれて行うことが多いです。
移動しながらの手技、足技、受け。
帯が上がるにつれ白帯から自分の帯色まで継続して行っていく時もあります。
●型審査
移動審査同様、自分の帯色まで続けて行う可能性大。
しっかりと覚えておきましょう。
●スパーリング
通常白帯はスパーはありません。
ただし飛び級する場合は別。
●柔軟
開脚して体のどの部位が地面に付くかのテストです。
みなさんバシッと足を開いて、頭や顎、胸を付けていきます。
硬い人でも肘をつけます。
どこも付かない場合は0点。
●二段蹴り
頭の高さのボールをジャンプして蹴り込みます。
●拳立て伏せ
拳で腕立て伏せをします。
白帯は30回。
師範の号令に合わせて上下します。
他人のペースでやると、こうも疲れるのかと実感する科目です。
●腹筋
これも帯色にあわせて回数が違ってきます。
できるのであれば、指定の回数以上こなしたい課題です。
●背筋
腹筋と同様です。
●ジャンピングスクワット
白帯30回。
心臓が縦に動く運動は極度に疲れます。
太股がパンパンになります。
●倒立
1分間。
最初はパートナーに足を持ってもらえますので、出来る秒数までがんばりましょう。
スポンサーサイト
【昇級審査】実技 |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【昇級審査】最初の審査

誰にでもいくつになっても初体験はあるものです。
私たち壮年部の年齢になっても、初体験はドキドキするものですね。
ましてや試験となるとなおさら。
でも大丈夫、適度の緊張感を持って乗り切りましょう。
国際空手道連盟「極真会館」壮年部の場合は、総本部で指導された支部長が各道場を運営しています。
つまり、昇級審査もそんなに大きく変わらないはず。
あとは支部長の考え方次第だと思います。
どんな答えだとしても広い心で対応してもらえます。
つまり、よほど酷くない限り審査に落ちることはありません。

■筆記
初心者が予想して勉強した型の名前、総裁・館長・本部長・支部長の名前、技の名前。
実はこれ、まず出ません。
普段から指導員の話を良く聞き、頭の中に入れておくことで対処できると思います。
また、書けなくても問題はありません。
空手は武道です。
そこから自分が学び、復習し、次回に活かせればいいのです。

■実技
これに関しても普段通りで大丈夫です。
立ち方も知らない時に、審査を受けたいと言っても許可は貰えないはずです。
つまり、審査を受けてもいいと判断された場合は、審査内容ができると判断されたことと一緒です。

■注意点
審査は毎回同じ方法で行うとは限りません。
筆記が先の場合もあれば、実技先行の場合もあります。
拳立て100回の後で筆記試験などと言われると、頭の中ですらすら言える道場訓さえ、手が震えて書くことができなかったりします。
全力を出しきれば出しきるほど、次の課題が大変になってきます。
自分が思うに、そこが審査のひとつのポイントではないかと思うのです。。。
【昇級審査】最初の審査 |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【昇級審査】人体の急所(筆記)

これに関しては接骨院の先生でもない限り全部書くことは不可能でしょう。
武道としての空手で急所を覚えることは大切だと思います。
しかし、これは要注意だと思うのです。
組手や試合などで、わけもわからず攻撃してしまったり、ストリートファイトになってしまった時に、相手を傷つけてしまったり。
ダメージを与えるだけでなく、命を奪ってしまう可能性も・・・。
これに関しては、無理矢理覚えるというよりも稽古の中でひとつずつ確認していけばいいことだと思います。
【昇級審査】人体の急所(筆記) |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【昇級審査】立ち方(筆記)

閉足立ち(へいそくだち)
結び立ち(むすびだち)
平行立ち(へいこうだち)
四股立ち(しこだち)
三戦立ち(さんちんだち)
猫足立ち(ねこあしだち)
前屈立ち(ぜんくつだち)
後屈立ち(こうくつだち)
組手立ち(くみてだち)
騎馬立ち(きばだち)
不動立ち(ふどうだち)
等々

極真の場合は、外八字立ちを不動立ちと言ったり、レの字立ちやTの字立ちがなかったり。
しかし他の流派の立ち方を書いたからといって、試験で落とされるようなことはありません。
【昇級審査】立ち方(筆記) |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【昇級審査】攻撃に使用する体の部位(筆記)

正拳(せいけん)
裏拳(うらけん)
拳ツイ(けんつい)
中高一本拳(なかだかいっぽんけん)
一本拳(いっぽんけん)
開甲拳(かいこうけん)
手刀(しゅとう)
背刀(はいとう)
背手(はいしゅ)
貫手(ぬきて)
一本貫手(いっぽんぬきて)
二本貫手(にほんぬきて)
底掌/掌底(ていしょう/しょうてい)
鶴頭(かくとう)
鶏頭(けいとう)
鳥嘴拳(ちょうしけん)
腕刀(わんとう)
猿臂/ひじ(えんび)
熊手(くまで)
虎口(ここう)
指鋏(ゆびばさみ)
表小手(おもてこて)
裏小手(うらこて)
内小手(うちこて)
虎趾/上足底/中足(こし/じょうそくてい/ちゅうそく)
足刀(そくとう)
背足(はいそく)
踵/下足底(かかと/かそくてい)
趾頭(しとう)
膝頭(ひざがしら)
等々

空手の用語は一般的ではないものが多いですが、正式名称で書かなくても正解にしてもらえると思います。
また、極真独自の言い回し等もあるので稽古の最中にひとつずつ覚えていくことをお薦めします。
【昇級審査】攻撃に使用する体の部位(筆記) |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【昇級審査】押忍の精神(筆記)

尊敬
感謝
忍耐

・・・の3つです。
そのまま書いてもいいですし、組み合わせて文章にしてもいいと思います。
【昇級審査】押忍の精神(筆記) |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【昇級審査】極真精神(筆記)

「頭は低く目は高く、口慎んで心広く、考を原点として他を益す。」

これ、実は正確にはわからないんです。。。
言葉で伝えられてきた精神であろうと思われますが、文章にすると句読点があったりなかったり。
つまり句読点関係なく書ければ良いということです。
【昇級審査】極真精神(筆記) |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【昇級審査】道場訓(筆記)



まず最初に覚えるべきことは、極真道場訓。
幼年・少年部を除いて、もちろん漢字で書けなければいけません。
【昇級審査】道場訓(筆記) |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【上級動画】松井館長の技









【上級動画】松井館長の技 |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【中級動画】フィリョ先生の回し蹴りを避けながらの横蹴り

【中級動画】フィリョ先生の回し蹴りを避けながらの横蹴り |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【中級動画】ペタス先生の下突き

【中級動画】ペタス先生の下突き |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【初級動画】森先生の直突き

【初級動画】森先生の直突き |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【初級動画】森先生のミット突き

【初級動画】森先生のミット突き |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【初級動画】森先生の下突き

【初級動画】森先生の下突き |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【初級動画】森先生の鍵突き

【初級動画】森先生の鍵突き |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【初級動画】森先生のミット前蹴り

【初級動画】森先生のミット前蹴り |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【初級動画】森先生のガード

【初級動画】森先生のガード |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【初級動画】森先生の下段蹴り受け

【初級動画】森先生の下段蹴り受け |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【初級動画】西山先生の突きの拳の作り方

【初級動画】西山先生の突きの拳の作り方 |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【初級動画】森先生の超上段蹴り

【初級動画】森先生の超上段蹴り |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【初級動画】森先生の前蹴り

【初級動画】森先生の前蹴り |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【初級動画】森先生の蹴りの注意点-1

【初級動画】森先生の蹴りの注意点-1 |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【初級動画】森先生の蹴りの注意点-2

【初級動画】森先生の蹴りの注意点-2 |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【初級動画】森先生の上段蹴り

【初級動画】森先生の上段蹴り |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【初級動画】森先生の中段蹴り

【初級動画】森先生の中段蹴り |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【初級動画】森先生の下段蹴り

【初級動画】森先生の下段蹴り |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【初級動画】森先生の下段蹴り受けの視線

【初級動画】森先生の下段蹴り受けの視線 |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【中級動画】成嶋先生の三日月蹴り

【中級動画】成嶋先生の三日月蹴り |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【中級動画】ペタス先生のフックの受け方

【中級動画】ペタス先生のフックの受け方 |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【中級動画】ペタス先生の三戦立ちの意味

【中級動画】ペタス先生の三戦立ちの意味 |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【中級動画】ペタス先生のミドルキックの受け方

【中級動画】ペタス先生のミドルキックの受け方 |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【中級動画】ペタス先生の後ろ足の使い方

【中級動画】ペタス先生の後ろ足の使い方 |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【TIPS】極真空手と新極真空手

現在「国際空手道連盟 極真会館」もしくは「極真」を名乗る主な団体として・・・
極真会館(松井章圭)
極真会館 宗家(大山喜久子)
極真大山空手(津浦伸彦)
新極真会(緑健児)
極真空手 清武会(西田幸夫)
社団法人極真会館 全日本極真連合会(小井義和)
極真会館 増田道場(増田章)※社団法人極真会館参加協力団体
極真会館 桑島道場(桑島靖寛)※社団法人極真会館参加協力団体
極真会館 木村道場(木村靖彦)※社団法人極真会館参加協力団体
極真会館 松島派(松島良一)
極真会館 安斎グループ(安斎友吉)
極真会館 手塚グループ(手塚暢人)
極真館(盧山初雄)※財団法人極真奨学会参加協力団体
極真会館 極眞會(水口敏夫)※財団法人極真奨学会参加協力団体
極真会館 浜井派(浜井識安)※財団法人極真奨学会参加協力団体
などが存在しています。
また、小規模の道場も含めれば更に増加する傾向にあります。
松井派、宗家、新極真などは、自らが大山の極真空手の唯一の正当後継であると主張しており、他の極真諸派の存在を認めなかったり、認めていても消極的である。
それに反して社団法人極真会館や奨学会は、他の極真諸派の存在を認めようとする団体です。
奨学会には極真館、極眞會、浜井派などがそれぞれ参加協力しています。
現在、“極真”の商標を巡って、宗家、社団法人極真会館、奨学会らはそれぞれ松井派と係争中。

ということで、どこに所属するべきか・・・

ぶっちゃけ、どこでもいいです。
どこに所属しようとも大山総裁の精神は受け継がれていますし、心身ともに強くなるのはどの団体も一緒だと思います。
家や職場から一番通いやすい道場が長続きしますし、道場生レベルで組織が違うからといって険悪なムードになることはまずありません。
それに拘る方は、いろいろな道場を見学してから入門することをお薦めします。
【TIPS】極真空手と新極真空手 |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【中級】道着

道着に関しては入門時に購入した道着がダメになるまで使いましょう。
長い間使ってくると先輩たちのスタイルがかっこ良く見えるものですが、ここは壮年部、グッとこらえて使い続けましょう。
そして洗い替えや新しい道着が必要になったら、一撃ショップで自分にあった道着を注文するのが一番だと思います。
この時に刺繍で自分の氏名を入れるのがカッコいいと思いますよ。
※帯に関しては一撃ショップで白帯のみ購入、道場にて昇級・昇段審査を通過した場合に各色の帯が師範より贈呈される仕組みとなっています。

★おすすめの道着
一撃オフィシャルショップの道着一覧
【中級】道着 |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【中級】どこからが中級か

宮本武蔵の五輪書に「千日の稽古をもって鍛とし、万日の稽古をもって錬とす。」という言葉があって、「鍛錬」の語源となっています。
「鍛」は基礎が定着するということ、「錬」は一つの道として揺るぎなく完成すること。
「鍛」には千日(約3年)を要し、「錬」には万日(約30年)を要するということで、継続的な努力・精進の大切さを説いた言葉です。
それを大山総裁が後に「武の道においては千日をもって初心となし、万日の稽古をもって極とす。」と言い換えました。
しかし、1,000日稽古してやっと初心者、等と思ってしまったら稽古は続きませんね。
ましてや壮年部。
他の稽古生より残り時間がない。
ま、これは冗談として、判断基準として青帯が初心者と中級者の中間地点と思っていいのではないでしょうか。
めちゃくちゃ強い青帯は見たことがありませんが、茶帯も倒せる黄帯はゴロゴロいます。
テクニックは向上しても精神的に自分はまだまだと思って昇級試験を受けずにいる黄帯が多いからです。
青帯の1本線が付いたくらいまで続いたら、本格的にライフワークとしての空手の道というものを考えてもいいのではないでしょうか。
ちなみに退会率は青帯がダントツです。
【中級】どこからが中級か |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【初級】レギュラーかグーフィーか

ちと、サーフィン用語なぞ使ってみました。
通常格闘技は右利きの場合は左足を前に出して構えます。
ワンツーのツーの時に強いパンチが打ち込めるように。
しかし、壮年部ともなりますと心臓が弱っている方も多いはず。
自分も心臓に持病を持っています。
つまり左を前に構えると、相手に近いところに心臓を置く形になります。
で、サウスポーという選択も生まれます。
しかし、サウスポーはレバーを相手の近くに置くため、一発で落とされる可能性が高くなります。
亀の甲より年の功で、その場にあわせた頭の回転を使って、相手を翻弄させながら、上手く立ち回っていくのが一番という選択に自分は落ち着きました。
みなさんもスパーリングを重ねながら、いろいろ試して研究してみてください。
【初級】レギュラーかグーフィーか |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【初級】稽古内容

これも道場や指導員によって様々です。
稽古に参加する道場生の質によっても違ってきます。
茶帯以上しかいない時はスパーリングを多くしたり、昇級審査の前は型を多くしたりといった具合です。
ここでは一般的な稽古内容を記入しておきます。

道場に入ったら着替えて各自でストレッチ
道場訓
基本稽古
移動稽古
受け返しおよびミット蹴り
スパーリング

掃除
【初級】稽古内容 |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【初級】自分のペースで良いじゃない

空手の稽古も人生と同じ。
自分のペースで良いんです。
稽古に参加し、少しだけ無理をする。
それを繰り返していくことで、ちょっとずつ強くなっていきます。
がんばることは重要ですが、続かなければ意味はありません。
辛ければ少し休んで、身体が楽になったらまた通えば良い。
稽古中も同じこと、やっている最中に「これは、やばいなっ!」と思ったら、手を挙げて抜ければ良いんです。
壮年部は壮年部なりの稽古がありますから。
【初級】自分のペースで良いじゃない |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【初級】わからないことはそのままにしない

我々壮年部は人生を長く生きている分、頭で理解しないと前に進めないという傾向があります。
なんでこんなことやるのか。
という疑問にぶつかったときは、稽古が終わったら師範や師範代に遠慮せずに質問しましょう。
時にはその場で答えが返ってこないかもしれません。
でも、きっと答えを後日用意してくれるはずです。
以前聞いて忘れてしまったことは、ネットやチューブで探してみましょう。
そして頭で理解すれば、少しずつですが身体に沁み込んでいくはずです。
【初級】わからないことはそのままにしない |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【初級】空手をする上で一番重要なこと

空手をする上で一番重要なこととは何でしょう。
精神的には人それぞれ考えは違うと思います。
しかし物理的には私は「絶対にこれ」というものがあります。

それは・・・

爪を切っておく

・・・ということです。

なんだよ、そんなことかと思うかもしれません。
しかし、爪を切り忘れたために相手にケガをさせたり、自分がケガをすることは多々あります。
この意味は、実際に稽古をしていく段階でわかっていただけると思います。
【初級】空手をする上で一番重要なこと |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【入門】入会後に用意するもの

最初の稽古はジャージを持っていってください。
そして水分と汗拭きタオルも忘れずに。
数日すると入会時に購入した道着が道場に届くと思います。
まず最初にそれを洗濯し、乾燥機に入れます。
ご自宅にない方はコインランドリーをお薦めします。
そこで、ジーンズ以上に道着は縮みます。
できればそれを3回ほど繰り返してください。
そして帯に氏名をマジックで書けば道着の準備は整いました。
次は脛サポーターと膝サポーター。
これにも同じく名前を書きます。
それ以外にグローブと道場の考え方によってはヘッドギアを用意させられるかもしれません。
それはその道場の考え方に従ってください。
最初に揃えるものは、何もわからないので道場に任せましょう。
それが一番ベターな選択だと思います。
【入門】入会後に用意するもの |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【入門】入会時に用意するもの

入会時に必要なものを記入しておきます。
道場によっても違いますので、詳しくは入会する道場にお問い合わせください。

銀行口座
 会費の引き落としに必要です
印鑑
 入会の書類を記入する時に必要です
会費
 支部入会金・初回月謝・空手道着料金・サポーター類料金・スポーツ保険料・本部入会金(年会費)
 ※極真空手は本部に登録し、各支部に月謝を納めるシステムになっています。
【入門】入会時に用意するもの |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【入門】やってみたいと思ったら・・・

ほんの少しでも、やってみたいと思ったら・・・。
迷わず見学に行くことをお薦めします。
電話をして日時を決め道場に行ってください。
見学を受け付けていない道場はありません。
ただし、少しだけ決まり事があります。
帽子やサングラスは道場内での着用は禁止です。
もちろんガムや煙草もいけません。
それさえ守れば大丈夫です。
見学している最中は恐怖心や自分には無理だという気持ちでいっぱいになると思います。
それは当然。
だって目の前で殴り合い・蹴り合っているのですから。
それはお互いが相手の能力を理解して攻防している姿です。
入門当初にそんなことを許す道場はありません。
何も知らなくて結構です。
予習は何もいりません。
私たち壮年はいい大人です。
そんなことに挫けず、まずやってみましょう。
ダメならダメで良いじゃないですか。
その見学と入門は、一生の宝物に絶対になりますよ。
【入門】やってみたいと思ったら・・・ |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【入門】極真空手の上下関係

極真空手だけにとどまらず武道には必ず明確な上下関係があります。
軸は二つ。
帯の色と年齢です。

帯の色は・・・
無級・・・白帯
10級・・・オレンジ帯
9級・・・オレンジ帯1本線
8級・・・青帯
7級・・・青帯1本線
6級・・・黄帯
5級・・・黄帯1本線
4級・・・緑帯
3級・・・緑帯1本線
2級・・・茶帯
1級・・・茶帯1本線
初段・・・黒帯1本線
黒帯に達すると上にいくほど今度は数が増えていきます。

帯が上のものには〜先輩と呼び、自分と同等および下の者には〜さんと呼びます。
そしてもうひとつの上下関係として年齢があります。
つまりどちらか一方が上であれば、それは「長上」であり、尊敬される立場であるということ。
そこで武道の社会性を学ぶことになります。
【入門】極真空手の上下関係 |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【入門】極真空手の魅力

道場によって壮年という考え方もいろいろです。
40代から壮年部という道場もありますし、規模的に大きくないところは一般部との合同稽古が主流となります。
国内の道場はほぼ後者と思っていただいて間違いありません。
我々壮年部の年齢世代は、何と言っても「空手バカ一代」という漫画に憧れて、やってみたいけど勇気がないという子供時代を過ごした人がほとんどです。
強くなりたいけど怖い。
ケガをしたらどうしよう。
思いとは裏腹にいろいろな理由をつけて自分をごまかしてきたのです。
そして大人になり、人生というものがわかってくると、人生でやり残したことを探してたどり着くというケースがほとんどだと思います。
そして稽古をし、帯も白からオレンジ、オレンジからオレンジ1本線、そして青、青1本線と上がってくるにしたがって、魅力がわかってくるのだと思います。
人間の価値は強さではないこと。
そしてグレーに染まった心が武道という精神によって正論を思い知る時に、人生はがらっと音をたてて変わります。
それに伴い身体も強くなり、テクニックも向上するので、どんな人間にも「良いことは良い、悪いことは悪い。」と心の底から自分の意見を言えるようになるのです。
【入門】極真空手の魅力 |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【型】その他の型「平安Ⅳ裏」

【型】その他の型「平安Ⅳ裏」 |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【型】その他の型「平安Ⅲ裏」

【型】その他の型「平安Ⅲ裏」 |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【型】その他の型「平安Ⅱ裏」

【型】その他の型「平安Ⅱ裏」 |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【型】その他の型「平安Ⅰ裏」

【型】その他の型「平安Ⅰ裏」 |TOP


天地真理郎(あまちまりお)の【型】初段〜・黒帯の型「五十四歩」

【型】初段〜・黒帯の型「五十四歩」 |TOP




| TOPページへ戻る| 次のページ > >

Public Relations

Contents

Karate Link


サンプル
サンプル
M
M

Blog Search

QR Code

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。